こばやしさんへのインタビュー(後半)

2022-05-16Column

AMV-JAPANでは2021年に、大体月1回程度でDiscordを使用したVoiceChat会を行っていました。
毎回ゲストを迎えてゲストに関連するお話しを聞く内容です。
9回目(2021/08/21)は、こばやしさんをお迎えしました。

以下、前半の記事の続きです。


一番好きなMAD

じょん:
今まで見た中で、一番好きなMADを一つ挙げるとしたらどれを選びますか?

こばやしさん:
per_secondさんのアイマスMAD『Arcs.』ですね。
音のハメ方も好きですし、最初ゆっくりしてるんですけど、サビから一気にくるっていう。衝撃的でした。定期的に見てますね。

(sm29306564『Arcs.』 作者:per_secondさん)

特に思い入れのある自作MAD

じょん:
今まで100本以上のMADを作られてますが、その中で特に思い入れのあるMADを1本挙げるとしたらどれを選びますか?

こばやしさん:
AniPAFE2019で投稿した、『二度と』っていうMADがあるんですけど、あれは一番思い入れあります。あの年は、AniPAFEで上位取ってやるって気持ちだったんで。
あの年ぐらいから静止画MADがどんどん増えていったっていうイメージがあって、切り貼りもアニメも負けてねーぞっていう気持ちで熱くなっちゃった時で、どんなに意地汚くても泥臭くても上位取ってやるみたいな気持ちで全部ぶつけたMADですね。
とりあえず、勢いもそうですけど、なんか伝われば良いなっていう気持ちで作ったので、思い入れあるのを選ぶならこのMADです。

(sm35621934『二度と』 AniPAFE2020 総合賞14位)

意識しているMAD作者

津名さん:
今一番気になってるMAD作者さんっていますか?

こばやしさん:
D.S.Kさんは意識してますね。MADを見てると、多分感性が似てると思うんで。話も合いますし。
私の作るMADは、楽しさを軸として作ってるんですけど、D.S.Kさんも同じなので。

津名さん:
タイプが似てると意識しちゃうのはありますよね。

こばやしさん:
ありますね。
D.S.Kさんの音ハメとか切り貼りって、凄い丁寧なんですよね。走り出してどんどん上げていくって感じ。
私の切り貼りはジェットコースターみたいな、パワーオブパワーみたいな感じで、ドンドンドンって行く感じなんで。タイプは似てるけど、ちょっと違うんですよね。

じょん:
同じ切り貼り主体で感性の似たMAD作者さんでも、それぞれ違いがあって面白いですね。

今後の展望

まさか!さん:
今後の展望とか聞きたいです。

こばやしさん:
今後としては、1本必ず作るのはあるんですよ。それ作り終わったら、多分作りたいのが無くなるんじゃないかなって感じもしてます。

じょん:
そのMADが最後の1本になる?

こばやしさん:
作りたいのが出てきたらまた多分作ると思います。
ただ作る時間が無いので頻度が低くなるってだけですね。

じょん:
その必ず作る1本というのは、AniPAFE2021に出す予定ですか?

こばやしさん:
今途中で2割ぐらいなので、AniPAFE2021は間に合わないですね(笑)

まさか!さん:
自分もこばやしさんみたいに、「もう暫く作れなくなりそうです」みたいな事を2~3回言った事あるんですけど、なんだかんだ続いてますね。

津名さん:
プロレスラーの引退みたいですね。

じょん:
投稿頻度も落ちてないですよね?

まさか!さん:
アイマス始めてからは寧ろギア上げてる感じですね。

じょん:
ギア上げちゃった(笑)

ゲストの方が好きなこばやしさんのMAD

–ゲストの皆さんに、一番好きなこばやしさんのMADを挙げていただきました。

さんちぇさん:
僕は『MAGIC』と『Charm』ですね。

(sm32462065『Charm』 第4回ANIMAAAD祭参加作)

こばやしさん:
『Charm』は、siba.さんが作ったアイマスMADを見て、「この曲使って作りたいな」って思いました。

じょん:
こばやしさんは曲から決める事が多いんですか?

こばやしさん:
基本曲からですね。

じょん:
『Charm』は2017年のMADですが、今でもこの頃に作った自分のMADを見返す事ってありますか?

こばやしさん:
ありますあります。新しいMADを作る前は必ず見返しますね。その頃の作り方を忘れてるんで、「こういう風に作ってたなぁ」って。
基本的にMADを作るのは、自分が見たくて作るので。以前に作ったMADは何回も見ちゃいますね。

津名さん:
個人的には「とらドラ!」のやつかな。亜美ちゃん好きなので。
しっかり見た人がちゃんと作ってるなっていうのを凄い感じて。物凄い良い表情を拾ってるから、うわぁ良いの作るなぁって思いました。
さっき長回し苦手って仰ってたんですけど、でも出来るんですよね。そうじゃなきゃこういうのは作れないと思うから。
好みも勿論あるんでしょうけど、これは凄い感情こもってるなぁって感じがして好きです。本当にこういうシーン見て感動したんだなぁっていうのが伝わってくるMADだったんで。
見ていつもジーンとくるので、本当に今もたまに見るぐらい好きです。

(sm36724732『少し先を歩いていくよ』 第9回ANIMAAAD祭参加作)

さんちぇさん:
何かのイベントに出されたやつですっけ?

こばやしさん:
「第9回ANIMAAAD祭」です。

津名さん:
さっき、「ANIMAAAD祭」が印象に残ってるイベントっていう風に仰ってたんで、やっぱ「ANIMAAAD祭」は、こばやしさんの中で特別なイベントなのかなっていうのは感じますね。
節目節目に、その時一番大事にしてるものが出てるのかなっていう。

こばやしさん:
鋭いですね(笑)

HIROKIさん:
僕は、このすばのMADですね。
こばやしさんのMADを色々見させてもらって、上手いなぁ、良く出来てるなぁって思えるのたくさんあるんですけど、このMAD見た時に、「あっ、勝てないな」って思ったんですよ。
映像とか曲の歌詞とかの高揚感が全部マッチしてて、ここまで噛み合う作り方出来るのって凄いなぁって素直に感心してしまったMADですね。

(sm33567138『バカになれ!』)

さんちぇさん:
こばやしさんはMADを作る時、このシーンはここに嵌めようっていうのはパッと思い浮かぶんですか?

こばやしさん:
最初に使いたいシーンをまとめるんですよね。アニメ1話辺り24分ぐらいありますけど、そこから使いたいシーンを大体8分ぐらい選ぶんですよ。その中からMADに使うシーンを選んでいくんで。
そうすると作るスピード早くなるんで、ずっとこのやり方ですね。

mizugorouさん:
僕もこばやしさんの動画一通り見たんですけど、AniPAFE2020支援のやつ面白くてインパクトが凄くて。

(sm37440610『AniPAFE2020支援』)

じょん:
私も凄く印象に残ってます。字幕が秀逸ですよね。

さんちぇさん:
上映会でありそう(笑)

こばやしさん:
懐かしいですねぇ。確か1時間くらいでちょろっと作ったやつだと思うんですけど。こういう動画は作った事無かったので、考えずに勢いで作って勢いで投稿しろみたいな感じだったんで(笑)

まさか!さん:
自分は、1本挙げろっていわれたら『MONSTER WORLD』だなって思うんですけど、さっきのとらドラ!の話とか聞いて、感動系で印象に残ってるのあるなと思って思い浮かべたのが、かぐや様のMADですね。
こばやしさんこういうのも作れて凄いなって思いながら見たので、かなり印象に残ってるやつです。

(sm37250923『第68期生徒会』 AniPAFE2020参加作)

じょん:
しっとりした曲調ですけど、コメディチックなシーンも合間合間に入っている所とか好きです。

津名さん:
重くならない感じでそういう切り口出来るの凄いなって思います。
かぐや様の方が、とらドラ!よりも場を回すキャラがはっきりしてるから、そういうキャラのシーンを上手く挟む事でドラマチックになりますよね。
前半ギャグシーン多めに持ってきてからの後半の流れは「うおおお!」ってなります(笑)

MADの魅力

–こばやしさんの思うMADの魅力って何ですか?

こばやしさん:
1つの作品を見た時に、好きな作品だったらその作品に対して熱い感情とか生まれると思うんですよ。MADってそういうのをぶつける場所だと思ってるんで。そこから色んな方と共有できるものなので。
グレーな所もあるんで広げ過ぎてもあれだと思うんですけど、それでも我慢出来なくて自分の好きを思いっきり叩きつける場所でもあるんで、そういう事が出来るのがMADの魅力かなぁと思いますね。

–こばやしさんがMADを作る(作りたいと思う)理由を教えて下さい。

こばやしさん:
好きなアニメと好きな曲の組み合わせが見たいなぁって思ってるんで、それを探して無ければ作るって感じです。
5年も作ってると、作るのが日常の1部みたいになってるんで、忙しくない時、時間がある時は作ってますね。
理由としては自分が見たいからですね。

–こばやしさんにとってMADとは?

こばやしさん:
「好きをぶつけ合う場所」。
例えばこの作品が好きだからこのMADを作るってなるじゃないですか。それで作って終了じゃなくて、それを投稿して「俺のMADを見てくれ!俺この作品が好きなんだ!」っていうのをぶつけて、それを見た人が「俺も作りてえ!」ってなってどんどんぶつけ合う場所ですね。


以上です。こばやしさん、お忙しい中参加いただきありがとうございました。
これからも、こばやしさんの好きをぶつけたMADが見れるのを楽しみにしています。

たくさんの話しを伺うことが出来ましたが掲載された内容はVoiceChat会の一部です。公開出来ない内容、まとめきれない部分、動画以外の内容(雑談)などは省略させていただきました。
最後まで読んで下さりありがとうございました。

各回メインゲスト
第01回:HIROKIさん
第02回:mizugorou_753さん
第03回:さんちぇさん
第04回:津名さん
第05回:まさか!さん
第06回:babanさん
第07回:Pluviaさん
第08回:???
第09回:こばやしさん
第10回:シャンリーさん
第11回:???
番外編:いはさん

Column

Posted by John