「まさか!」さんにインタビューしてみた!
AMV-JAPAN 第5回定例VocieChatより

2021-11-03Column

AMV-JAPANでは月に1回程度でDiscordを使用したVoiceChatを行っています。毎回ゲストを迎えて主に動画製作についてのお話しを聞く内容です。5回目(2021/4/10)のゲストは「まさか!の祭」イベント開催中(2021/4/10現在)の「まさか!」さんを迎えました。

この記事の内容はVoiceChat会の一部をインタビューの形式でまとめたものです。

参加者は
メインゲスト:

ゲスト:

主催者(AMV-JAPAN):

でした。

以下インタビューです。


あいさつ

(まさか!さんはもろもろの事情で漫画喫茶からの参加となりました。)

–お忙しい中「AMV-JAPAN」の雑談会に来ていただきありがとうございます。今回は、まさか!さん にゲストとして来ていただきました。

まさか!さん:
お手柔らかにお願いします。

交流関係

–本日の参加者の中で面識がある方はいますか?

まさか!さん:
さんちぇさんとは会ったことがあります。HIROKIさんも4年くらい前から会っていますね。最初はREGALさんの合作の打ち上げかな。秋葉原で飲みました。

–初めて会ったのは秋葉原の時ですか。

まさか!さん:
初めて会ったのはバタフライエフェクト飲んだ時かな(意味不明)。

HIROKIさん:
そうそう!

さんちぇさん:
なんだそれは!

HIROKIさん:
確か鼻炎さんとかも居た時だったと思います。

まさか!さん:
エッティルさんも居たかな、それから何回会いましたっけ?

HIROKIさん:
4,5回ぐらいかな。

まさか!さん:
突然呼び出して、ジビエ食べに行ったりもしましたね。

–さんちぇさんとはいつ会われましたか?

まさか!さん:
さんちぇさんとは東京の上映回の時で3,4年ぐらい前かな。毎年の上映会とか楽市楽座とかで会っています。

さんちぇさん:
最近はコロナの影響で会っていないですね。

—ネット上だと、いはさんとは随分交流が長いのではないでしょうか。10年以上ですか?

まさか!さん:
そうですねちょうど10年ぐらい。

さんちぇさん:
ZOOMEで活動されているときから?

まさか!さん:
ZOOMEにも登録はしていましたが、その頃はほとんど交流はしていませんでした。ZOOMEが閉鎖になってSprasiaに移ったところで「(ニコ生で)まさか!さん特集の生放送やるよ」と言われて、その頃にSkypeに誘われてAniPALのコミュニティに入ったという感じです。

いはさん:
Skypeには100人くらいいました。

–いはさんとの合作も多いです。

まさか!さん:
そうですけれど、合作に関してはREGALさんやsolaさんとの印象が強すぎるかもしれないです。ここ数ヶ月であれば津名さんとの絡みが深いです。

MADLIVE EXP!!!!!

津名さん:
MLE(MADLIVE EXP!!!!!)でアニメもやるという事になった時に誰を呼ぶのかという話になりました。「それはまさか!さんでしょ」ということになりました。切り貼りフルで投稿本数が多い人といえば「まさか!さん」「よりにこさん」 あたりじゃないですか。

–この(VoiceChat)会の2週間ぐらい前に、まさか!さんの動画を一通り見直そうと思って投稿動画のマイリストを開いたんですけど、本数が200本以上あって、さすがに今日までに全部視聴する事は出来ませんでした(笑)

津名さん:
MLEで参加を呼びかける人の動画を全部見てみようと思ってまさか!さんのマイリストを開いて絶句しました。

まさか!さんの名前を意識したのは「四畳半神話大系」で「絶望先生」を吹き替える動画です。別の動画で吹き替える動画をつくったことはあります。めちゃくちゃ大変でした。それをコンスタントに出来る人ってどういう人なのだろうって思っていました。

–MLEでは、まさか!さんと甘香茶Pさんで枠を担当されていました。他の方の枠と違って新作の割合が高くて驚きました。

https://nico.ms/sm38423557
(【TS録画】MADLIVE EXP!!!!!vol.441 [DAY2][16-まさか!&甘香茶P①] /埋め込み不可のためリンクのみ)

まさか!さん:
最初は全部新作で作ろうって話もありました。他の枠は既存動画ありきで組んでいくみたいですが、この枠では先に自分が新作で使えそうな曲を上げて、まず街道さんに音源組んでもらってそこに新作を乗せる感じでした。

津名さん:
ここの枠だけ作り方がまるっきり逆でした。

まさか!さん:
直前に実装された素材も使いたくて、差し替えで当日昼まで待ってもらいました。

津名さん:
本番の4時間前とかでした。

まさか!さん:
その節はご迷惑をおかけしました。

津名さん:
過去のMLEでは本番中に動画が出来あがったこともありました。「あと2時間ぐらいで君の動画が流れるのだが」という時に裏でエンコやっていました。

–まさか!さんのブログに、「MLE440(MADLIVE EXP!!!!!vol.440)1日目のエンディング動画(まさか!さんの「SATURDAY ANIME NIGHT」のリメイク)が出来たのはギリギリだった」と書かれていました。

([AMV] SATURDAY NIGHT LIVE!!!! [MADLIVE EXP!!!!!])

津名さん:
最初1日目のエンディングは無かったのですが、1週間ぐらい前に2日目のエンディングをやるのに1日目のエンディングあったほうがいいだろという話しになって。さすがに今からでは無理だろと思ったのですが まさか!さん ならワンチャンいけるんじゃないかとオファーしました。

まさか!さん:
最初は「SATURDAY ANIME NIGHT」を使用したいけれど「AKROSSCON(ロシアのAMVコンテスト)のロゴが入ってるので、ロゴだけ変えてくれないか」という話でした。で、「気に入らない部分があれば変えてもいいですよ」と言われましたが「せっかくなので最新アニメとか使用して作り直します」ということで当日まで作っていました。そのオファーが来たのが月曜日(MLEの1日目は土曜日)で、作業時間が平日しかなかったです。仕事も忙しい時期と重なっていて・・・

津名さん:
オファーした後なかなか連絡がとれなくてダメ出しとかもあってギリギリでした。むちゃぶりして申し訳なかったです。

–まさか!さんが体調を崩されたのも影響したんですよね。しかしそんな中でも、REGALさんとの合作が投稿されていました(笑)

津名さん:
体調崩しているのに合作出したり「2人いるのか!」「まさか!」というユニットだったのか!と。

ハンドル名

–まさか!さんのハンドル名の由来を教えてもらえますか。

まさか!さん:
本名をもじった感じです。(詳しい説明もありましたがここでは割愛します。)

海外AMVコンテスト

2012年にAKROSS CON(海外のAMVコンテスト)に初めて参加されました。AniPALの合作で「TEA TIME English Lesson」という動画でした。

(【合作MAD】 TEA TIME English Lesson 【映画 けいおん!】)

まさか!さん:
この時は、音源決めとかもメンバー全員で打ち合わせやプレゼンなどして全員が納得するまで話し合う、というスタンスで進行していました。

–1人1パートではなく、まさか!さんといはさんの2人で1パートなど珍しい作り方でした。

まさか!さん:
まず自分が切り貼りのパートを作って、いはさんやakira02sumさんにエフェクト等で味付けしてもらいました。
合作としての連帯感とか放課後ティータイムの仲の良さから和(輪)をイメージして丸い枠や波紋のようなエフェクトを使用して統一感を出せるように意識していたと記憶しています。

–2012年から2015年まで毎年AKROSS CONに参加されていましたね。

  • 2013年は「Bohemian Raccoon Dogs」
  • 2014年は「I Am So Much Happy With You」
  • 2015年は「SATURDAY ANIME NIGHT」

でした。

([AMV] Bohemian Raccoon Dogs [有頂天家族])

([AMV] I Am So Much Happy With You [月刊少女野崎くん])

([AMV] SATURDAY ANIME NIGHT [AKROSS CON 2015])

海外のAMVチームからもお誘いがあったとブログで書かれていました。

まさか!さん:
「 SATURDAY ANIME NIGHT 」の頃に海外の方からチームに入らないかと誘われて、Skypeでチームリーダーの方とも少しお話したのですが、英語の壁があって結局それっきりになってしまいました。

まさか!の祭

–最近「まさか!の祭」というイベントをやっていますよね。まさか!さんが過去に作られた「路子モーション」というMADを素材にして動画を作るというイベントです。こういうイベントはアイマス界隈でよく行われているのでしょうか。

(【アイマスMAD】路子モーション【ニコマス昭和メドレー12】)

まさか!:
私としては初体験だったのですが・・・どうなのですか津名さん。

津名さん:
「借り物」という文化があって、ある人が作ったダンス動画に対して編集を加えたり音源を変えたりレギュレーションを決めて同じ動画楽しむというイベントがタグロックで行われることが昔からあります。まさか!さんみたいに言い出しっぺが4本も5本も動画を作るのは異常です

まさか!:
自分主催な訳じゃないですよ。annPさんという方が最初に何本か私のMADで動画を作られて「イベントでもやるつもりですか」って言ったら本当にイベントとして開催されちゃいました。

思い入れのあるMAD

–ご自身のMADで一番思い入れの強いMADはありますか?

まさか!さん:
一番伸びて話題性があった動画でクリスマスMADです。

(【MAD】クリスマス?なにそれ美味しいの?【じょしらく】)

動画のコメントで「NHKで流れていた」と書き込みがあって調べてみたらNHK開局何十周年だかの記念番組で流れていたようです。

後日再放送があったので見たのですが、内容が「最近テレビを見ている人が減ってきています。テレビを見なくなっている人は何をしているのか」という内容でした。放送の中で紹介された人はPCでニコニコ動画を見ていて、そこで流れている動画がこの動画でした。けっこうがっつり番組内で流れていて、思い入れというか忘れられない出来事でした。

(この動画に関してニコ動最盛期でコメントが多いことや"リップシンク"についての技術的な話題で盛り上がりました。)

参加者紹介動画

(「皆に見てほしい動画(AMV/MADでなくても可)」というお題で、参加者の方に1名ずつ動画を紹介してもらう、というちょっとしたレクを行いました)

以下紹介者と動画のリンクです。

じょん:

(Limp Live!! – Aqours vs Limp Bizkit)

  • ラブライブ!の聖地巡礼マッシュアップコメディーAMV。
  • "Limp Bizkit"の"Rollin'"とラブライブ!の"ユメ語るよりユメ歌おう"のマッシュアップ。
  • アニメと、作者のGARさんが来日してラブライブ!サンシャインの聖地巡礼を行った実写映像がミックスされた動画となっている

いは:

(【MAD】障り猫呼んじゃった)

  • Sprasiaの猫縛りイベントでまさか!さんが作った動画です。

ころころ:

(ワタシ達の幸福論)

  • 津名さんとまぁむさんとの合作
  • 選曲は津名さん。
  • 最初に津名さんがアニメでMADを作り、まぁむさんが静止画を挿入して再編集。

さんちぇさん:

(【MAD】叛逆に躍る弧濁悪魔節【本気画質版】)

  • まさか!さんのネタ系動画です。

津名さん:

(Movie Mad 2017)

  • 2017年に日本で公開された複合映画MAD。

HIROKIさん:

(【MAD】ウマ娘×決戦スピリット【セリフ入り】)

  • むーみんさん作。HIROKIさんが崇拝するMAD作者。

HIROKIさん:
セリフを合わせたりフォントを分けたり見せ方を解っている人だなと思って見続けている作者さんです。ウマ娘は見たこと無いのですがそれでも惹かれます。

muzugorou_753さん

(【YouTube限定公開】あこがれランララン Special MV)

mizugrou_753さん:
こういう手描き動画を作りたいです。

まさか!さん:
(MLE Vol.441 DAY2 打ち上げ音頭)
MLE内で流されたまさか!さんパートの動画を紹介されました。しかしプライベートのGoogleドライブ上での再生だったため動画はここでは省略します。

まさか!さん:
他の人の動画が含まれていたり当日の流れありきの動画で単品投稿しづらいので最後ってことなので本日の打ち上げです。

最後の雑談

–今日は遅くまでありがとうございました(AM1:00頃)。

まさか!さん:
次はいつ集まればいいですか。

次回もあれば来ていただけるのですか?

まさか!さん:
参加します!毎回参加メンバーが増えていく流れを途切れさせるのは・・・
毎日やってますとか言われたらどうしようかと思ったけど、そうでないなら全然参加します。

津名さん:
みんなでお勧めMADを持ち寄って見るみたいなのは面白いです。

(この後、「湯Wire」「NoNoWire」「年齢」についての話題で盛り上がり、中々終了しませんでした。)


以上。

後書き

まさか!さんから今回の記事作成後に感想を頂きました。

–今回のVoiceChatの感想
ニコ生とかで話したことも数えるほどしかないし、作業通話とかも普段はほとんどしないし・・・
そんな私がこうしてオンラインで話す場を設けていただけるとは予想外でした!
前回の津名さんのインタビュー記事を読んでめちゃくちゃ面白かったけれど、自分がこうしてインタビューを受けてみて、記事にして面白い話ができたかはちょっと自信ないです・・・(汗)
ただ自分の感想としては、色んな人の色んな考え方に触れることができて、大変興味深くて面白かったです!
またやるときは是非呼んでください!

–AMV-JAPANへのメッセージ
AniPAFE投票や海外イベントの案内と動画の紹介など、MAD/AMV作者に有益な情報を発信してくださりありがとうございます!
個人的には読み物も好きなので、こういうインタビュー記事や、色んな作者さんたちの思いを伝えるコラムなども期待しています!

–イベント告知
自分が主催の企画とかは無いので、告知することもあまり・・・(まさCupとかもうやらないし)
あえていうなら、(自分もただの一参加者ですが)4月の『ニコマス昭和メドレー』と、12月の『ニコマス平成メドレー』は、何かない限り毎年恒例で開催するはずなので、たまたまちょっと古めの音声素材で作ってみる気になった時とかに気軽に参加してみてください!
動画作らなくてもネタ出しだけの参加とかもアリですよ!


たくさんの話しを伺うことが出来ましたが掲載された内容はVoiceChat会の一部です。公開出来ない内容、まとめきれない部分、動画以外の内容(雑談)などは省略させていただきました。

AMV-JAPANの定例VoiceChatですがだいたい月に1回程度開催され、毎回ゲストを迎えています。最初は毎回ゲストを一人呼んでAMV-JAPANのメンバとの会のつもりでしたが、結果的にゲストに来た方は、次回以降も自由参加という形で参加して頂く方が多かったです。

2021年4月時点での各回メインゲスト。

インタビュアー:じょん
記事編集:ころころ